【コラム】夏バテはしてませんか?熱中症の予防・対策のポイント

熱中症の種類と症状

熱中症とひと言で言っても、その症状は様々です。おおまかに分けて4種類に分類することができます。

  症状 原因
熱失神 ●めまいがする
●失神
高温や直射日光によって血管が拡張し、血圧が下がることによって生じる。
熱けいれん ●痛みを伴った筋肉のけいれんが生じる。
脚や腹部の筋肉に発生しやすい。
暑い中での作業や運動で血液中の塩分が低くなり過ぎて起こる。
熱疲労 ●大量の汗をかく。
●皮膚は青白く、体温は正常かやや高め。
●めまい、頭痛、吐き気、倦怠感を伴う。
体内の水分や塩分不足、いわゆる脱水症状によって引き起こる。
熱射病 ●大量の発汗により血液の量が減るため、顔色が悪く、唇は青く、脈を触ると弱くなる。
●脈拍が急激に上昇する。
●体温が過度に上昇し、皮膚が熱く、赤くなって乾燥する。
●内臓の機能が低下する。
水分や塩分の不足から体温調節機能が異常をきたした状態。そのままでは死に至ることもある。

日常生活でできる予防法

■直射日光はできるだけ避ける
日差しが強い日の外出は、帽子をかぶったり日傘をさしたりして直射日光を避けるようにして下さい。
また、炎天下での運動はこまめに休憩をとり、体に熱がこもらないよう気を付けてください。
■こまめに水分補給を行う
脱水症状を起こさせないためには、こまめな水分補給が重要です。運動前には250~500mlを数回に分けて、運動中は約20分ごとに1口から200mlほどの量を飲むようにして下さい。
また水分補給には、発汗によって失われた塩分を補うことのできるスポーツドリンクがおすすめです。
■普段から運動する習慣を身につける
熱中症は、体が気温の変化に慣れていないと起こりやすくなります。日頃から運動で汗をかく習慣を身に付けておけば、暑さにも対応しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。
■体温調節が可能な服装を選ぶ
暑い日には、体温調節ができる服装を選んで出掛けるようにしましょう。吸湿性や通気性の良い素材や、室内・外の気温に合わせて脱ぎ着がしやすいデザインのものが理想的です。色合いは熱を吸収しやすい黒色系を避け、白色系のものを選ぶことをおすすめします。
■体温調節が可能な服装を選ぶ
暑い日には、体温調節ができる服装を選んで出掛けるようにしましょう。吸湿性や通気性の良い素材や、室内・外の気温に合わせて脱ぎ着がしやすいデザインのものが理想的です。色合いは熱を吸収しやすい黒色系を避け、白色系のものを選ぶことをおすすめします。

熱中症が危険なのは、自分では「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」程度と思っている間に症状が進んでしまうことです。自分で気付きにくく、または「たいしたことはない」と感じてしまうことが多いことが熱中症の怖い点です。
炎天下や暑い場所に長くいる間は、自分で気をつけるのはもちろん、周囲の人間同士で気をつけ合うことも大切です。
もし、体調が悪かったり、いつもと体の具合が違うような際は、くれぐれも無理をせず通院するよう心がけて下さい。

【求人】北九州市内にて薬剤師を募集しています

カタノ薬局グループは北九州市内にて6店舗を展開する調剤薬局です。
地域に根差し、明るく開かれた店舗づくりを目指して、従業員一丸となり日々調剤業務をこなしております。
この度、新店舗オープンに伴い、管理薬剤師・保険薬剤師を募集中です。

キャリアを生かしたい、更なるステップアップをお望みの方は是非カタノ薬局グループで一緒に働きませんか。
やる気ある皆さまのご応募、心よりお待ちしております。

詳細は「採用情報」のページをご覧ください。

【コラム】花粉症対策できていますか?

あたたかい春到来! 一方で、増える花粉・・・

随分と暖かくなってきて、春の兆しがみえてきました。
これから気温の上昇とともに、草花も色とりどりに咲き乱れることでしょうね。お弁当を持って、お花見に行くのがいまから楽しみです!毎年小倉南区の安部山公園へ出かけるのが恒例の家族行事となっておりまして。
個人的な話はさておきまして、この季節、辛い人には辛いのが花粉。暖かくなるとともに木々が活動を始めるのは仕方のないことではありますが、それが原因で「くしゃみ」「鼻水」「鼻詰まり」「目のかゆみ」といったいわゆる花粉症の症状を引き起こし、多くの方が悩んでいるのも事実です。

症状がひどい方には、通院をおすすめします

花粉症の症状が出た場合、どのような対策をすればよいか?といった質問をよく受けます。最近では、街の薬局でも花粉症用の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が市販されており、手軽に症状を緩和できるようになっています。しかし、これらの薬には副作用として、口渇や眠気を伴うことが多々あるため、服薬には十分に注意が必要です。
個人的には、花粉症の症状がひどい方には通院をおすすめします。
専門の医師に診断してもらい、その人その人の症状にあった薬の種類、分量を処方してもらう方が安心・安全です。
症状がひどいからと言って、むやみに市販薬に頼るのはあまりおすすめできません。

大事なのは症状が出る前のセルフケア

花粉症対策で一番に大切なことは、症状が出てから行動することではなく、症状が出る前に行動することです。
くしゃみや鼻水などの症状が出てしまってから対策をこうじても、症状の軽減はできますが治癒させることはなかなか困難です。ですから、発症しないための事前の対策(セルフメディケーション)が重要となります。
事前の対策と言ってもそんなに難しいことではありません。過去に花粉症の症状で悩んだことのある方は、以下のような点に気を付けてみて下さい。

  • 花粉の飛散情報に気を配る
  • 外出時にはマスクを装着する
  • メガネやサングラスの着用(だてメガネでも効果があります)
  • 手洗いや洗顔をこまめに行う
  • 帰宅時には玄関先で花粉をはらう

どれも簡単に実行できることばかりです。これだけでも、花粉症対策として随分と効果が期待できます。是非実践してみてはいかがでしょうか?
その他にも、最近では顔や衣類に吹きかける花粉対策のスプレーや、高性能の空気清浄機などが市販されていますので、そういったものも試してみるのもいいかもしれませんね。

規則正しい生活を送ることも忘れずに

最後に大切なことをもう一つ。
昔から「病は気から」ということわざがあるように、健康な体は健全な心に宿るものです。
不規則な生活リズムや、睡眠不足、過労や精神的ストレスはアレルギー症状を悪化させてしまうことがあるため、常日頃から食事や睡眠など規則正しい生活を送るようにしましょう。

その他、花粉症に関して気になる点や疑問点などありましたら、カタノ薬局グループ各店舗の薬剤師までお気軽にお尋ね下さい。
カタノ薬局グループは地域に根差した、気軽にご相談に立ち寄ることのできる開かれた薬局を目指しています!

【参考サイト】
花粉症(Wikipedia)
Yahoo!花粉飛散情報
さくら開花情報(wether news)