【コラム】冬の乾燥対策と風邪予防

日に日に寒さが厳しくなり、空気が乾燥する冬は、 風邪のウィルスが猛威をふるう季節です。
冬の乾燥対策と風邪の予防対策をご紹介します。

冬はなぜ乾燥するの?

冬になると、北から流れてくる空気が山にあたって、日本海側では雪や雨を降らした後、水分を失った空気が太平洋側に流れ込むため、とても乾燥しています。冬は、気温が低いので飽和水蒸気量も低く、外気の湿度は夏より低くなります。 さらに冬は、室内では暖房をすることで気温があがりますから、室内空気の飽和水蒸気量が増えますが、ただ暖めるだけでは空気中の水分の量が変わらない(絶対湿度は同じまま)ため、相対湿度が下がってしまいます。乾燥している冬の大気が暖房により、更に乾燥が進むというわけです。

簡単にできる乾燥対策方法

湿度が低く乾燥しすぎていると、肌トラブルや風邪の原因にもなります。人が快適かつ健康でいられる湿度は40~60%の間といわれています。乾燥対策として、加湿器を利用するのが一番手っ取り早く手軽ですが、過失しすぎると結露の原因となってしまします。結露はカビを繁殖させたり、家屋を傷めたりするので、冬は「加湿しすぎ」にも注意しなければなりません。加湿器に頼らず、ちょっとした工夫で部屋の湿度を上げることができます。
加湿器以外の対策法として、濡れたタオルを干しておく、ストーブの上にやかんを置く、洗濯物を部屋干しにする、水のはいったコップを置く、などの方法があります。
意外なところでは、観葉植物を置くことも簡単にできる加湿方法です。根から水を吸い上げ、葉から出す「蒸散作用」を行うことで、自然の力で加湿をしてくれるのです。特にモンステラ、ゴールドクレスト、ベンジャミンなどは、効果も高いといわれています。観葉植物は自然に湿度を調節してくれますので、加湿器のように加湿しすぎることがありません。
 

風邪予防対策

■手洗い・うがいの徹底
風邪やインフルエンザの予防には手洗い・うがいが効果的です。帰宅時には、手洗いは薬用石けんを使って丁寧に行い、最低でも30 秒以上、流水で念入りに洗いましょう。また、うがいは、口の中や、のどについた微生物を取り除くため、そして口の中を清浄にすることによって一定の効果があると考えられます。
 

■睡眠をしっかりととる
睡眠不足は疲労の原因となり、免疫力を低下させて風邪を引きやすくします。ストレスが溜まっている場合も同じです。できるだけ夜ぐっすりと眠り、体を休ませてあげる必要があります。

■室内の湿度に気をつける
ウイルスは空気が乾燥していると増殖して活発になります。また、鼻やのどの粘膜が乾燥して体の防御機能が低下し、ウイルスに感染しやすくなります。室内の湿度管理に気をつけましょう。

■普段から適度な運動をする
体力をつけるために適度な運動をする習慣を身に付けて健康的な身体作りを目指しましょう。ウォーキングやヨガなどの適度な運動で風邪に負けない体力をつけ、免疫力を高めることも大切です 。

■十分な栄養をとる
偏食を避け、バランスよく栄養をとることが大切です。風邪の予防効果を高めるためには、体の免疫システムに欠かせないビタミンCと体のエネルギー産生に必要なビタミンB群、鼻やのどの粘膜を強化する働きのあるビタミンAを多くとることがポイントです。

■水分をたくさんとる
のどの粘膜に湿り気を与えるだけでなく、ウイルスを洗い流すことができます。こまめに水分補給することで、のどを潤しウイルスが増殖しにくい環境を作りましょう。

もし風邪をひいてしまったら

体調が悪い、熱っぽいと感じたら、無理をせず風邪の症状がまだ軽いうちに細心のケアをほどこし、こじらせないようにすることが大切です。第一に心がけたいのは、十分な栄養と睡眠をとることです。胃腸に負担をかけないよう消化のよい食事を食べるようにします。ウイルスと戦っている体はエネルギーの消耗が激しいので、たんぱく質やビタミンC、ビタミンAなど各種栄養素をしっかり取ることでエネルギーの消耗を防ぎましょう。ビタミンCは、体の免疫力である白血球の働きを高める効果があり、十分に働くと風邪のウィルスが体外に排除されるます。。ビタミンAは、粘膜の新陳代謝を活発にして、粘膜を健康的に保つ効果があります。また、脱水予防のために水分もこまめに摂りましょう。

 

【コラム】体の冷えすぎに注意!夏の冷房病(クーラー病)対策!


夏も暑さが厳しくなってくると、少しでも快適に過ごしたいと部屋のクーラーの温度も下げがちになってしまうものです。暑い夏を涼しく過ごせる一方で、冷房のつけすぎが原因で体調を崩してしまうこともあります。
今回は、夏の冷房病(クーラー病)について、その原因と諸症状、予防のポイントを紹介します。

冷房病(クーラー病)の原因

冷房病(クーラー病)を、引き起こしてしまう原因としては、以下のようなことが挙げられます。

■温度の急な変化
温度の高い屋外と、冷房で冷えた室内とでは、温度の差が大きくなり、体の調整機能が乱れ、自律神経のバランスを崩してしまいます。

■長時間のデスクワーク
長時間体を動かさないデスクワークのような仕事は、血行が悪くなり、体がこわばりがちです。冷房が効いた室内に一日中いると、体温を調節する機能が鈍くなり、疲労感や倦怠感といった症状を引き起こしてしまいます。

■運動不足
暑くて運動をしないことにより、汗をかかなくなってしまいます。その結果、乳酸などの疲労物質が体に蓄積しやすくなるため、全身のだるさや、疲れやすさを感じやすくなってしまいます。

冷房病(クーラー病)の症状

冷房病(クーラー病)にはさまざまな症状があらわれます。
■肩こり
■頭痛
■だるさ、疲労感
■不眠症
■なんだかイライラする
■胃腸の機能の低下、食欲不振

冷房病(クーラー病)にならないための予防ポイント

■エアコンの温度設定
冷房の設定温度は、外気温との差、5~6度以内が理想です。冷房によって、自律神経が乱れると、だるさ、胃腸の不調、冷え性などの様々な症状を引き起こします。

■羽織るものを準備しておく
職場や、外出先など冷房温度を変えれないような場所では、羽織るものや、ひざ掛け、厚手のくつしたなどを用意して、冷えすぎないように調整できるようにしましょう。

■入浴
シャワーだけでなく、ぬるめのお湯でゆっくりと入浴しましょう。ゆっくりと入浴することは、自律神経のバランスを整える効果があります

■冷たいものの摂りすぎに注意
冷たいものを摂りすぎると、内臓に負担がかかり、消化機能の低下を引き起こしてしまうので、一度に多量の水分を摂取しないように注意が必要です。

■体を温める食べ物を食べる
かぼちゃ、たまねぎ、しょうが、にんにくなどの体を内側から温める「陽性」食品をとるように心がけましょう。

 

【コラム】質のよい睡眠をとるためには

健全な心は質のよい睡眠から

4月、入学や入社を経て、思い描いていた理想とのギャップや環境の変化によって、知らない間に大きなストレスを溜め込んでいるかもしれません。

  • なんだかイライラする
  • やる気がおきない・何もしたくなくなる
  • 食欲の低下
  • 集中力が続かない
  • 不安になる
  • 体がだるい
  • 頭痛などの身体の症状

などといった症状を感じてはいないでしょうか。
それらは、質の高い睡眠をとれていないことも要因のひとつとして考えられます。良質な睡眠がとれていないことにより、脳に疲労が溜まり、適切な判断力が低下し、集中力の欠如やネガティブな思考へとつながっているのかもしれません。
今回は、「健全な心は質のよい睡眠から」という考え方に基づいて、快眠のためのポイントをいくつかご紹介します。

快眠のためのポイント

■食事は寝る3時間前までに
夕食は、できるだけ寝る3時間前までには済ませましょう。食事の後にすぐ寝ると、消化活動によって眠りも浅くなり、睡眠の妨げになってしまいます。どうしても食事が夜遅くなる場合は、夕方に補食で少し食べ物を胃に入れて、深夜の食べ過ぎを避けるように気をつけましょう。
 
■就寝前は、カフェインを控える
カフェインは、脳を覚醒させる作用があります。コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを多く含む飲み物は、就寝時間の2~3時間前には控えましょう。
 

■入浴はぬるめのお湯で、就寝時間の1~2時間前に
寝る直前の入浴は、交感神経が刺激されて興奮状態になってしまい、睡眠の妨げになってしまいます。なるべく就寝時間の1~2時間前くらいまでに済ませましょう。また、熱めのお湯も、交感神経が刺激されてしまうので、40度前後のぬるめのお風呂にゆっくりとつかると良いでしょう。ゆっくりとお風呂につかることで、心身のリラックス効果も。

■適度な運動
適度な運動は、心身をリラックスさせ、眠りを促進するのに効果があります。運動により、体温が上がりますが、しばらくすると体温が下がっていき、眠りに入りやすい状態になります。ヨガやストレッチ、ウォーキングなど軽い運動を行うとよいでしょう。

■就寝前は、目や頭を休める
就寝前には、テレビや、パソコンやスマートフォンなど光の刺激があるものの使用を控えましょう。パソコンやスマートフォンから出るブルーライトは、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなるなどの睡眠障害の原因にもなります。

■室温と温度
快眠に適した室温は、夏は25度~28度、冬は18度~23度くらい。湿度は、50~60%といわれています。

■薬の活用
どうしても、眠れない際は、薬を使用するケースもあります。一般的に、睡眠薬というとネガティブなイメージを抱きがちですが、最近のものは副作用も軽減されたものが登場しています。
しかし、服用の際には、市販薬ではなく、専門医に相談して適切な処方を受けることが望ましいでしょう。