【コラム】体の冷えすぎに注意!夏の冷房病(クーラー病)対策!


夏も暑さが厳しくなってくると、少しでも快適に過ごしたいと部屋のクーラーの温度も下げがちになってしまうものです。暑い夏を涼しく過ごせる一方で、冷房のつけすぎが原因で体調を崩してしまうこともあります。
今回は、夏の冷房病(クーラー病)について、その原因と諸症状、予防のポイントを紹介します。

冷房病(クーラー病)の原因

冷房病(クーラー病)を、引き起こしてしまう原因としては、以下のようなことが挙げられます。

■温度の急な変化
温度の高い屋外と、冷房で冷えた室内とでは、温度の差が大きくなり、体の調整機能が乱れ、自律神経のバランスを崩してしまいます。

■長時間のデスクワーク
長時間体を動かさないデスクワークのような仕事は、血行が悪くなり、体がこわばりがちです。冷房が効いた室内に一日中いると、体温を調節する機能が鈍くなり、疲労感や倦怠感といった症状を引き起こしてしまいます。

■運動不足
暑くて運動をしないことにより、汗をかかなくなってしまいます。その結果、乳酸などの疲労物質が体に蓄積しやすくなるため、全身のだるさや、疲れやすさを感じやすくなってしまいます。

冷房病(クーラー病)の症状

冷房病(クーラー病)にはさまざまな症状があらわれます。
■肩こり
■頭痛
■だるさ、疲労感
■不眠症
■なんだかイライラする
■胃腸の機能の低下、食欲不振

冷房病(クーラー病)にならないための予防ポイント

■エアコンの温度設定
冷房の設定温度は、外気温との差、5~6度以内が理想です。冷房によって、自律神経が乱れると、だるさ、胃腸の不調、冷え性などの様々な症状を引き起こします。

■羽織るものを準備しておく
職場や、外出先など冷房温度を変えれないような場所では、羽織るものや、ひざ掛け、厚手のくつしたなどを用意して、冷えすぎないように調整できるようにしましょう。

■入浴
シャワーだけでなく、ぬるめのお湯でゆっくりと入浴しましょう。ゆっくりと入浴することは、自律神経のバランスを整える効果があります

■冷たいものの摂りすぎに注意
冷たいものを摂りすぎると、内臓に負担がかかり、消化機能の低下を引き起こしてしまうので、一度に多量の水分を摂取しないように注意が必要です。

■体を温める食べ物を食べる
かぼちゃ、たまねぎ、しょうが、にんにくなどの体を内側から温める「陽性」食品をとるように心がけましょう。

 

【コラム】質のよい睡眠をとるためには

健全な心は質のよい睡眠から

4月、入学や入社を経て、思い描いていた理想とのギャップや環境の変化によって、知らない間に大きなストレスを溜め込んでいるかもしれません。

  • なんだかイライラする
  • やる気がおきない・何もしたくなくなる
  • 食欲の低下
  • 集中力が続かない
  • 不安になる
  • 体がだるい
  • 頭痛などの身体の症状

などといった症状を感じてはいないでしょうか。
それらは、質の高い睡眠をとれていないことも要因のひとつとして考えられます。良質な睡眠がとれていないことにより、脳に疲労が溜まり、適切な判断力が低下し、集中力の欠如やネガティブな思考へとつながっているのかもしれません。
今回は、「健全な心は質のよい睡眠から」という考え方に基づいて、快眠のためのポイントをいくつかご紹介します。

快眠のためのポイント

■食事は寝る3時間前までに
夕食は、できるだけ寝る3時間前までには済ませましょう。食事の後にすぐ寝ると、消化活動によって眠りも浅くなり、睡眠の妨げになってしまいます。どうしても食事が夜遅くなる場合は、夕方に補食で少し食べ物を胃に入れて、深夜の食べ過ぎを避けるように気をつけましょう。
 
■就寝前は、カフェインを控える
カフェインは、脳を覚醒させる作用があります。コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを多く含む飲み物は、就寝時間の2~3時間前には控えましょう。
 

■入浴はぬるめのお湯で、就寝時間の1~2時間前に
寝る直前の入浴は、交感神経が刺激されて興奮状態になってしまい、睡眠の妨げになってしまいます。なるべく就寝時間の1~2時間前くらいまでに済ませましょう。また、熱めのお湯も、交感神経が刺激されてしまうので、40度前後のぬるめのお風呂にゆっくりとつかると良いでしょう。ゆっくりとお風呂につかることで、心身のリラックス効果も。

■適度な運動
適度な運動は、心身をリラックスさせ、眠りを促進するのに効果があります。運動により、体温が上がりますが、しばらくすると体温が下がっていき、眠りに入りやすい状態になります。ヨガやストレッチ、ウォーキングなど軽い運動を行うとよいでしょう。

■就寝前は、目や頭を休める
就寝前には、テレビや、パソコンやスマートフォンなど光の刺激があるものの使用を控えましょう。パソコンやスマートフォンから出るブルーライトは、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなるなどの睡眠障害の原因にもなります。

■室温と温度
快眠に適した室温は、夏は25度~28度、冬は18度~23度くらい。湿度は、50~60%といわれています。

■薬の活用
どうしても、眠れない際は、薬を使用するケースもあります。一般的に、睡眠薬というとネガティブなイメージを抱きがちですが、最近のものは副作用も軽減されたものが登場しています。
しかし、服用の際には、市販薬ではなく、専門医に相談して適切な処方を受けることが望ましいでしょう。

 

【コラム】注意!!冬にも起こる脱水症状

脱水症状は夏におこるというイメージが強いですが、実は冬でも脱水症状はおこります。『冬のかくれ脱水』に注意しましょう。

冬の脱水症状の原因

脱水症状の原因には、水分の摂取量の減少や乾燥があげられます。冬は夏に比べ汗をかかないため水分をとる量が少なくなりがちです。しかし、汗や尿、呼吸などとともに体の水分は失われ、乾燥により皮膚から失われる水分量も増えます。知らず知らずのうちに体の水分が減ってしまい、脱水症状を引き起こしてしまうのです。
また、風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなどに感染してしまうと、嘔吐や下痢などにより体の水分が大量に奪われてしまい、脱水症状を引き起こす危険性があります。

脱水症状の主な具体例

次のような状態の時は、脱水が始まっているサインです。注意してください。
■肌の乾燥
■口の中がねばねばする
■頭痛、めまい、立ちくらみ
■体がだるい、気力の低下
■食欲の低下
■尿の量の減少
 

脱水症状の対策紹介

■こまめな水分補給
喉が渇いていなくてもこまめに水分をとりましょう。その際は、水や白湯、スポーツドリンクを飲みましょう。コーヒーやアルコール類などは利尿作用があるため、水分補給には向いていません。
 
■入浴後、起床時と就寝時にコップ1杯の水を飲む
入浴中や寝ている間は、想像以上に発汗し水分が失われます。就寝中は長時間にわたって水分補給ができません。コップ1杯の水や白湯を飲んで水分を補いましょう。
 

■上手に経口補水液を摂取する
経口補助液とは、体から失われた水分や塩分をすみやかに吸収・補給できるように塩分と糖分を最適なバランスで配合した飲料です。体内の電解質や水分を補います。嘔吐や下痢、発熱によっての脱水症状時に適しています。

■部屋の加湿
室内が乾燥しないようにしましょう。加湿器を使うのも有効ですが、濡れたタオルを干しておいたり、ストーブの上にやかんを置くのも効果的です。40~60%の湿度を保てるようにしましょう。