【コラム】体の冷えすぎに注意!夏の冷房病(クーラー病)対策!


夏も暑さが厳しくなってくると、少しでも快適に過ごしたいと部屋のクーラーの温度も下げがちになってしまうものです。暑い夏を涼しく過ごせる一方で、冷房のつけすぎが原因で体調を崩してしまうこともあります。
今回は、夏の冷房病(クーラー病)について、その原因と諸症状、予防のポイントを紹介します。

冷房病(クーラー病)の原因

冷房病(クーラー病)を、引き起こしてしまう原因としては、以下のようなことが挙げられます。

■温度の急な変化
温度の高い屋外と、冷房で冷えた室内とでは、温度の差が大きくなり、体の調整機能が乱れ、自律神経のバランスを崩してしまいます。

■長時間のデスクワーク
長時間体を動かさないデスクワークのような仕事は、結構が悪くなり、体がこわばりがちです。冷房が効いた室内に一日中いると、体温を調節する機能が鈍くなり、疲労感や倦怠感といった症状を引き起こしてしまいます。

■運動不足
暑くて運動をしないことにより、汗をかかなくなってしまいます。その結果、乳酸などの疲労物質が体に蓄積しやすくなるため、全身のだるさや、疲れやすさを感じやすくなってしまいます。

冷房病(クーラー病)の症状

冷房病(クーラー病)にはさまざまな症状があらわれます。
■肩こり
■頭痛
■だるさ、疲労感
■不眠症
■なんだかイライラする
■胃腸の機能の低下、食欲不振

冷房病(クーラー病)にならないための予防ポイント

■エアコンの温度設定
冷房の設定温度は、外気温との差、5~6度以内が理想です。冷房によって、自律神経が乱れると、だるさ、胃腸の不調、冷え性などの様々な症状を引き起こします。

■羽織るものを準備しておく
職場や、外出先など冷房温度を変えれないような場所では、羽織るものや、ひざ掛け、厚手のくつしたなどを用意して、冷えすぎないように調整できるようにしましょう。

■入浴
シャワーだけでなく、ぬるめのお湯でゆっくりと入浴しましょう。ゆっくりと入浴することは、自律神経のバランスを整える効果があります

■冷たいものの摂りすぎに注意
冷たいものを摂りすぎると、内臓に負担がかかり、消化機能の低下を引き起こしてしまうので、一度に多量の水分を摂取しないように注意が必要です。

■体を温める食べ物を食べる
かぼちゃ、たまねぎ、しょうが、にんにくなどの体を内側から温める「陽性」食品をとるように心がけましょう。

 

コメントは停止中です。