【コラム】夏野菜で夏バテ予防

夏も本番になると、疲れやすく体がだるい、食欲がない、無気力、といった夏バテの症状に苦しむ方も多くなってきます。夏バテの原因には、自律神経の不調(室内外の温度差)、ミネラル不足、胃腸の働きの悪化(消化機能の低下、栄養不足)などが挙げられます。
そこで今回は、夏バテ予防に、たっぷりの水分やビタミンを含む『夏野菜』についてご紹介します。

夏の活力源!ゴーヤ

沖縄の代表的な野菜として知られているゴーヤは、高い栄養価で夏の活力源としても注目をあびています。ゴーヤの 苦味成分のモモルデシチン・チャランチンには血糖値や血圧、コレステロールを下げる効果があり、さらに食欲増進や整腸作用もあります。 ベータカロチンやビタミンC、ビタミンB1、カリウム、リン、鉄分なども豊富に含まれており、貧血の予防、むくみ解消や疲労回復、夏バテに防止にも効果的です。 ゴーヤには、レモンの約2倍、にも相当するビタミンCが含まれています。ビタミンCは熱に弱いのですが、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱してもほとんど壊れず残っているため、夏に汗で体外に出され不足しがちなビタミンCの補給にピッタリです。

美肌にも効果的なトマト

トマトは、ビタミンA、ビタミンCが豊富なほか、ビタミンH、ビタミンPといったビタミン類を多く含んでいます。ビタミンH、Pとは細胞と細胞をつなぐコラーゲンを作ったり、ビタミンCが適切に機能することを助けるといった効果毛細血管を強くしてくれる働きがあります。また、細菌の体内への侵入を防いでくれ、免疫力も高めてくれるので、風邪を引きにくくしてくれるといった効果もあります。
さらにトマトにはリコピンやルチンが含まれています。リコピンには強力な抗酸化作用があり、老化を防ぐ作用や、ガン予防に効果があるなど多くの働きがあります。また、リコピンはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑えるため、美白・美肌効果にも効果的です。このリコピンは、熱にも強くジューサーにかけてペースト状にしたり、ジュースにすると、体内へ吸収されやすくなります。

栄養満点!枝豆

枝豆は大豆の未熟豆のことを指し、豆と野菜の両方の栄養特徴を持っている栄養価の高い野菜です。枝豆には、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維、鉄分が豊富に含まれています。
ビタミンB1には、糖質をエネルギーに変え新陳代謝を促し、スタミナ不足の解消に役立つほか、過酸化脂質の害を防いだり、血行を良くする効用があります。注目すべき点は、枝豆には大豆に含まれていない栄養素が含まれているということ。ビタミンA、ビタミンCも含み、枝豆のタンパク質に含まれる メチオニンはビタミンB1、ビタミンCと共に アルコールの分解を促し、肝機能の働きを助けてくれる働きがあり、悪酔いや二日酔いを抑えてくれる効用があります。また、枝豆はむくみや高血圧の原因となるナトリウムの排出を助けるカリウムも多く含みます。利尿作用もあるので、体内の水分量を調節し、むくみの解消にも効果的です。

暑い夏を元気に乗り越えましょう

今回ご紹介した野菜以外にもきゅうり、トウモロコシ、かぼちゃ、オクラなど様々な夏野菜があります。夏野菜には水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、体の温度を下げて、体の調子を整えてくれます。冷房で体の冷えが気になるという方はニンニク・ショウガ・ネギ・唐辛子など体を温める効果のある食材と合わせるとよいでしょう。
規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけて、暑い夏を元気に乗り越えましょう。

 

コメントは停止中です。