【コラム】梅雨時の疲れとだるさを元気に乗り切るには?

梅雨時に疲れやすいという方はいませんか?

日に日に気温も上がり、大変過ごしやすい日々が続いています。夏ももうすぐやって来ることでしょう。山や海へドライブやキャンプに海水浴と、今から楽しみは尽きませんね。
ですが、その前にじめじめとした不快な日々の続く梅雨が待っています。皆さまの中に、雨降りの多い梅雨時になると体調がすぐれないという方はいないでしょうか?

  • 気分が憂鬱になる
  • 体がだるい
  • 疲れがとれない
  • 食欲がない

等といった症状がみられたら、それは梅雨が原因しているかもしれません。

梅雨時の気温や湿度の変化が体の恒常性を乱してしまいます

人の体には「恒常性」という性質があります。気温の変化に合わせて体温を調整するのもそのひとつです。
4月頃より気温が上がり始め、6月頃に体がやっと暑さに慣れ始めた時に梅雨が始まります。梅雨は、雨の日は肌寒く感じたり、晴れ間は暑かったりと気温や湿度が大きく変化します。
その結果、体の恒常性が気温や湿度の変化に対応できず、上記に挙げたように体調が悪くなってしまことがあるのです。

元気な体を維持するためにできること

梅雨時の気候の変化で体調を乱さないためにできることをいくつかご案内します。

■天気予報必ず確認する
毎日天気予報をきちんと確認されている方はたくさんいると思います。その際に、雨が降る降らないだけではなく、最低気温と最高気温もチェックすること。
気温差が大きいほど疲れが出やすくなったり風邪をひきやすくなります。夜の気温が下がりそうなら、1枚余分に持って出かけるなど、衣類で調整するようにするといいですね。
■晴れている日は外出する
雨が降っていない晴れの日は、なるべく外に出るようにしましょう。仕事中ならお昼休みに少しだけ散歩するのもおすすめです。
太陽の光にあたることで、体内時計を整え睡眠の質をよくする効果もあります。憂鬱になりがちな気分をリセットすることもできます。
■お風呂に入って汗を出す
冷房の効いた部屋に長時間いると、皮膚の末梢の血行が悪くなり汗をかきにくくなります。外に出た途端、大粒の汗をかく人は汗腺の機能が落ちている可能性があります。
そこで、お風呂に入って汗をたくさんかくと汗腺の働きがよくなり、上手に汗をかくことができ熱を体に貯めにくくなります。特に38~40℃ぐらいのぬるめのお湯での半身浴がおすすめです。汗をかくことで爽快感も得ることができます。

これらの方法を試して、不安定な天気の梅雨時でも元気に乗り切りましょう!

コメントは停止中です。