【お知らせ】”錠剤監査支援システム”導入のお知らせ

錠剤監査支援システム

訪問調剤に力を入れている『聖生薬局』では新しく”錠剤監査支援システム”を導入し、お薬のチェック体制をより確実なものにいたしました。

お薬の一包化

いつも飲んでいる一回分のお薬を一袋にまとめることができたら便利ですよね?
服用する時間が同じお薬をまとめる一包化(いっぽうか)をすることによって、お薬の飲み忘れや飲み間違い、紛失を予防することができます。また、お薬の管理が難しい方や一錠ずつ取り出すのが苦手な方にもおすすめです。

一包化するには

一包化するにはお薬を処方した医師の指示が必要になります。
また、患者さまの自己負担が発生するとともに健康保険を適用して一包化をするには一定の要件を満たす必要があります。お薬によっては性質上一包化できないものもありますので、詳しくは薬剤師にご相談ください。

全自動錠剤・散剤分包機

『聖生薬局』では一包化をするにあたり”全自動錠剤・散剤分包機”を使用しております。
どんなお薬も確実に一包化することができる優れものです。一袋ごとにお名前・服用日時・お薬の内容を印字することによって、お薬管理の負担を軽減することができます。

お薬の監査

全自動分包機によって一包化されたお薬は、患者さまの手に渡る前に処方せんと相違がないか薬剤師によって監査を行います。この度『聖生薬局』ではより確実なチェック体制を整えるために”錠剤監査支援システム”を導入いたしました。一袋ごとに写真撮影をすることによって、お薬の内容・数量・割れや欠けなど破損した錠剤がないかを機械が判断し、記録を残すとともに薬剤師をサポートします。すべては患者さまの”Quality of Life”のために…。

 

コメントは停止中です。